審美歯科

審美歯科は特別なものではございません。

材質・治療の質を上げることによって、誰でもきれいに美しくなれます。 治療の質を上げるには幾つかのポイントがあります。

来院される患者さまのご希望

・何年か前に詰めた銀歯を白くしたい
・歯と歯ぐきの間の黒い部分をキレイにしたい
・前歯の形や色、向きが気になる
・全体的に歯を白くしたい
・1本だけ色の違う歯が気になる

被せ物の材質の比較

見た目の改善を重視する審美歯科では、「セラミック」による詰め物、被せ物が主流となっています。

保険適用の材質よりも天然の歯に近い色を出すことが可能です。
セラミックの被せ物には、大きく2つのタイプがあります。

項目 メタルボンド ジルコニアオールセラミックス
イメージ メタルボンド ジルコニアセラミックス
材料 専用金属にセラミックを焼き付けたもの すべてセラミック
白さが天然歯に近い 白さ・透明感が天然歯に近い
強度 強度にすぐれている 金属と同レベルの強度
耐久性 磨耗しにくく耐久性に優れている 磨耗しにくく耐久性に優れている
その他 金属の裏打ちのためオールセラミック
に比べると透明感がでにくい
生体親和性が高く歯肉との調和に優れ
ている。金属アレルギーのリスクが無い

じゅん歯科の精密審美歯科について

POINT①

精密審美歯科ではお1人お1人に時間をおかけします。
そのため、従来の椅子だけでは体に負担が掛かるため「テンピュール」(←NASAのスペースシャトルで宇宙飛行士のシートにも採用された耐圧分散機能を持つ新素材)を用いて患者さんの体をしっかり優しくサポートし、治療時の緊張時の緊張感を和らげます。
ユニット写真 テンピュール写真

 

POINT②

精密審美歯科では精密な型取り(印象)が必要です。
従来の型取りはアルジネートというものを使っていましたが、現在はシリコーン 「3Mインプリント3」(←アメリカの審美歯科で一番用いられている) で精密な型取りを行います。

3MインプリントⅡ写真

POINT③

精密審美歯科では見かけのきれいさだけではなく、咬みあわせも大事です。
咬みあわせを取る物は、市販で最も硬いシリコーン咬合採得用シリコーン「Futar D」sssを用います。

3MインプリントⅡ写真

POINT④

精密審美歯科では全てが基本的に使い捨てです。
型を取るトレーや削るバーも使い捨てですのでご安心下さい。
トレー写真 バー写真

 

POINT⑤

精密審美歯科では治療中もきれいな仮歯(Tek)をご用意します。
当院では外注した仮歯を用いて治療中も白い歯です。
仮歯と模型写真 仮歯写真

審美歯科のことなら東京・池袋にあるじゅん歯科に何でもご相談下さい。

治療方法について

当院で実際に行っている審美歯科の治療方法をご紹介致しております。

>> 治療法について詳しく見る