インプラントとは?

インプラント(人工歯根)とは、『入れ歯』や『ブリッジ』に代わる治療法として開発された最新式の治療方法です。
歯が抜けた所に歯の欠損した部分の顎の骨に、チタン製の人工歯根をうえて、自然に近いより良い美しい歯を取り戻す事ができ、おいしく食事をする事が出来ます。
健康と美容のためにインプラント治療を考えてみましょう。

インプラントのメリット

自分の歯と同じような感覚で噛む事が出来、食べ物の感触がよくわかります。
周りの歯を傷つけません。
見た目は自分の歯とほとんど同じようにきれいに仕上がります。
インプラントが顎の骨に力を加えるので骨が痩せるのを防ぎます。

池袋インプラントセンターのインプラント法

Point1
無痛インプラント
インプラントの手術後の痛み、腫れを少なくする手術を行っています。
Point2
1回法
従来の2回法ではなく、1回法を用いて、治療期間を短くしています。
(骨が足りない場合は2回法となります)
Point3
即日インプラント
骨の状態にもよりますが、即日にインプラントを稙立して仮歯を入れることも可能で

《歯が1本抜けた場合》

両隣りの健康な歯を削ることなく、歯の抜けたところへインプラントを植え込み、人工の歯を取り付けます。

歯が抜けた場合

ブリッジ

インプラント
両側の健康な歯を削ります。またブリッチの土台となっている歯ぐきに負担がかかります。

《奥歯が数本抜けた場合》

金具付きの入れ歯では無く、歯の抜けたところへインプラントを植え込みます。

奥歯が抜けた場合

入れ歯

インプラント
入れ歯を固定する金具や床が不快に感じられたり、健康な歯に負担がかかる場合があります。

《歯が全部抜けた場合》

数本のインプラントを植え込み、入れ歯を維持装置で固定します。

歯が全部抜けた場合

総入れ歯

インプラント
固定するものが無い為、入れ歯が動いたりします。

池袋インプラントセンターは無痛治療を基本としたインプラントを行い、最新のインプラントの器具や材料について研究している機関です。
当センターは東京都豊島区東池袋のじゅん歯科と提携し、日本の歯科大学のインプラント科やインプラントを専門に行っている歯科医院とインプラント技術向上のために常に研究を行っております。